料理はセンスではなく仕組みです。

おいしい料理には理屈があります。人間は本能的に(体液に相当する浸透圧を持つ)0.9%前後の塩分濃度を好みますし、調味料には黄金比率などと呼ばれる好ましい割合が存在します。仕組みが理解できていればレシピに頼ることのない調理が可能になります。

料理の完成度を高めていくのは基本となる仕組みを覚えてからでも遅くはありません。

以下は主な料理の調味対象と塩分パーセントです。

汁物 調味対象 塩分
スープ だし 0.2~0.5
みそ汁 だし 0.6~0.8
すまし汁 だし 0.5~0.7
けんちん汁 だし 0.6~0.7

焼き物 調味対象 塩分
魚の塩焼き 魚(一尾魚) 1~3
魚のムニエル 魚(切り身魚) 0.5~1
豚肉のくわ焼き 1~1.5
ハンバーグ 材料 0.4~0.6

煮物 調味対象 塩分
魚の煮つけ 1.5~2
サバのみそ煮 1.2~2
里芋の煮物 0.8~1.2
いりどり 材料 1~1.2
青菜の煮浸し 青菜 0.8
乾物の煮物 材料 1~1.5

ごはん 調味対象 塩分
炊き込みごはん 1.5
すし飯 1~1.5
飯に対して0.6~0.8
チャーハン 0.5~0.8

その他 調味対象 塩分
お浸し 材料 0.8~1
野菜のいため物 材料 0.5~1
茶わん蒸し 卵液 0.3~0.6
野菜の即席漬け 材料 1.5~2

調理道具や計測機器は積極的に活用してください。

適切な調理道具や計測機器は調理の手助けになります。料理には「弘法筆を選ばす」などという諺は通用しませんので道具の良し悪しは重要なポイントになります。また、計測機器は職人が会得している勘所を手軽に数値化してくれます。

はじめから目分量での調理はおすすめしません。