鉄フライパンの洗い方は?

鉄フライパンは特有の洗い方があります。

おすすめは竹ささらを使って汚れをかき出すように洗うことです。竹ささらとは竹を束ねてブラシ状にした道具です。一般的には中華鍋を洗うために使われることの多い道具ですが、鉄フライパンを洗うためにも便利です。

熱を持ったフライパンでもガシガシ洗えますので汚れが残りにくくなります。

スポンサーリンク

鉄フライパンの洗い方は?

鉄フライパンはフッ素樹脂加工のフライパン以上に念入りに洗います。

フッ素樹脂加工のフライパンは表面加工(フッ素樹脂加工)があるために洗い残しがあっても問題はありませんが、鉄フライパンの表面には酸化被膜(四酸化三鉄)と油膜の層しかありませんので汚れにより腐食が生じてしまうことがあります。

そのため鉄フライパンの洗い残しは厳禁です。

  1. 冷めないうちに水を加えて汚れを浮かせます。

    冷めないうちに水を加えて汚れを浮かせます。焦げ付きがひどい場合には水を煮立たせることにより浮かせます。

    step.1

  2. 竹ささらやたわしを使って汚れをかき出します。

    竹ささらやたわしを使って汚れをかき出します。油汚れが気になる場合は食器洗い洗剤を使って洗います。

    step.2

  3. 火にかけて水気を飛ばします。

    火にかけて水気を飛ばします。から焼きにより油が浮いてきた場合にはキッチンペーパーなどで拭き取っておくことをおすすめします。

    step.3

以上が鉄フライパンの洗い方です。

鉄フライパンの状態(油膜の形成状態)などによっては洗剤を使って洗う工程をスルーすることもありますが、使い込まれた鉄フライパンであれば1日の最後には食器洗い洗剤を使って念入りに洗うことをおすすめします。

竹ささらやたわしだけでは汚れが残ってしまうことがあります。

汚れ残りが鉄を腐食させる?

汚れ残りが鉄を腐食させる?

汚れ残りは鉄をさびさせます。

鉄フライパンに焦げ付きなどの汚れを残してしまうと金属表面に電位差の異なるアノードとカソードが生じます。この電位差により鉄(Fe)がイオン化(Fe2+)することで腐食が進行して水酸化第一鉄(Fe(OH)2)が生成されます。

水酸化第一鉄はさらに酸化することにより水酸化第二鉄(2Fe(OH)3)や酸化第二鉄(Fe2O3)になります。

鉄フライパンや中華鍋などを使い続けているとうっかり汚れを残してしまうこともあるかと思いますが、後日汚れを落としてみると油膜や酸化被膜が剥離されて金属面がむき出しになっているのを目にしたことのある方もおられるはずです。

それこそが汚れにより鉄が腐食してしまった形跡です。

鉄フライパンへの重曹の利用法は?

鉄フライパンへの重曹の利用法は?

鉄フライパンは外側に汚れが蓄積します。

これは油が埃や水垢と混じり合って酸化重合するためであり、外側の他には内側の側面にも蓄積していきます。放置しても問題はありませんが見た目が良くありませんし熱伝導率への悪影響になる可能性もあります。

そのため、鉄フライパンは定期的にリセットします。

鉄フライパンのリセットには段階があります。たとえば簡易的なリセットには「油膜だけをはがす方法」が選ばれますし、本格的なリセットには「油膜と酸化皮膜(黒錆)の両方をはがす方法」が選ばれます。

重曹は前者の方法に使えます。

鉄フライパンを重曹水(水1Lに対して大さじ4ほど)でしばらく煮てからそのまま冷やすと金たわしなどでこするだけでも油膜が剥がれるようになります。これは油膜が酸性であるためにアルカリ性の重曹水で落とせるようになります。

この方法であれば酸化皮膜は剥がれませんので簡易的なリセットができます。

【まとめ】鉄フライパンの洗い方は?

鉄フライパンはノンスティックフライパン以上に念入りに洗います。洗い残しがあると電位差により鉄がイオン化して腐食が進行してしまうことがあります。「鉄フライパンは洗剤を使わずに洗う」といわれることもありますが、鉄フライパンの油膜は手洗い用の洗剤程度の洗浄力では落ちませんので使用しても問題はありません。