マキネッタのサイズは?

マキネッタ(モカポット)はサイズにより抽出量が変わります。

たとえばビアレッティのモカエキスプレスの抽出量は「1カップ約40ml」「2カップ約80ml」「3カップ約120ml」です。1カップ用のマキネッタでカフェラテやカプチーノを作ると120~200mlほどになります。

このことからも、おすすめのサイズは飲み方やコーヒーの種類により変化します。

マキネッタの抽出量は?

マキネッタの抽出量は?

マキネッタの1カップはデミタスカップの1カップです。

デミタス(Demitasse)には「demi(半分)+ tasse(カップ)=小さなカップ」という意味があります。このことからも一般的なコーヒーカップ(約120ml)の半分ほどの容量(約60ml)であることが多くなります。

それを踏まえて以下の抽出量をご確認ください。

サイズ タンク適正容量 抽出量
1カップ 約60ml 約40ml
2カップ 約100ml 約80ml
3カップ 約160ml 約120ml

デミタスカップで飲む場合には1カップ用がおすすめです。

マキネッタは「大は小を兼ねる」とはいきません。水量と粉量を変えてしまうと抽出されるコーヒーの味も変化してしまうため、1カップ用であれば約40ml、2カップ用であれば約80mlで抽出するのが基本になります。

このことからも「どのようにして飲むことが多いのか?」を明確にしておくことがポイントになります。

アレンジコーヒーにする場合は?

アレンジコーヒーにする場合は?

アレンジコーヒーには2カップ用が人気です。

カフェラテやカプチーノは「エスプレッソに対して2~4倍量の牛乳」を加えて作ります。カフェラテは「エスプレッソ+スチームドミルク」ですし、カプチーノは「エスプレッソ+スチームドミルク+フォームドミルク」です。

以下は基本とされている割合です。

コーヒー 割合
カフェオレ ドリップコーヒー+牛乳
(1:1)
カフェラテ エスプレッソ+スチームドミルク
(1:4)
カプチーノ エスプレッソ+スチームドミルク+フォームドミルク
(1:1:1)
アメリカーノ エスプレッソ+お湯
(1:3)

このことからも基本は1カップ用になります。

しかし必ずしも1人分=1カップ用(1ショット)とは限りません。たとえばスターバックスなどでもショットの追加をする方は少なくありませんので1カップ用では物足りなくなってしまう可能性があります。

そのような場合には2カップ以上のサイズがおすすめです。

【まとめ】マキネッタのサイズ選びは?

マキネッタはサイズにより抽出量が変わります。ビアレッティのモカエキスプレスであれば「1カップ用40ml、2カップ用80ml、3カップ用120ml」になります。抽出されるコーヒーの適量は飲み方により変わりますので、「どのようにして飲むのか?」「どのくらいの濃さが好みなのか?」などを明確にしておくことをおすすめします。