プリン型から外すには?

プリンをプリン型から外す方法を紹介します。

プリンを型から外すには「プリン型にバターを塗っておくこと」「プリンのふちを落として外れやすくしておくこと」「お皿にのせてから左右に強く振って外すこと」がポイントです。教科書通りの方法ではありませんが家庭で作るプリンにはおすすめです。

金属型やガラス型で作るプリンであれば問題なく外せます。

スポンサーリンク

プリン型から外す方法は?

プリンの外し方にはコツがあります。

一般的には型の周囲にスプーン(もしくは指)を押し当てながら空間を作り、その空間にペティーナイフを入れて外します。間違いのない方法ではありますがペティーナイフや型には傷がつきますし意外と難しいです。

そこで以下の方法をおすすめします。

  1. プリン型にバターを薄く塗ります

    プリン型にバターを薄く塗ります。ショートニングやマーガリンでも代用できます。

    step.1

  2. プリンのふちを押します

    濡らしたスプーン(もしくは指)を使ってプリンのふちを押します。ペティーナイフを使う場合はふちを押してできた隙間にナイフを差し込んで一周させます。

    step.2

  3. 左右に振ります

    プリン型をお皿に裏返して乗せ、左右に振ります。型から外れたかは感覚で分かります。

    step.3

  4. きれいに抜けます

    完璧とは言えませんが、それなりにきれいに抜けます。

    step.4

バターの有無はプリンの種類によります。

脂肪分の多いプリンであればバターを塗らなくてもきれいに外れますが、脂肪分の少ないプリンは型に強く凝着してしまうために崩れてしまうこともあります。このことからも基本的にはバターを塗っておくことをおすすめします。

全卵と無調整牛乳で作るプリンであればどちらでも大丈夫です。

プリン型にバターを塗る理由は?

プリン型にバターを塗る理由は?

プリンは型にくっつきます。

型に入れたプリンを加熱すると、筋形質たんぱく質の球状たんぱく質が熱凝固する過程で一時的にゆるみます。ゆるんだ球状たんぱく質からは活性基が露出し、凝固するときに金属面と凝着してしまいます。

この筋形質たんぱく質と金属面の凝着を弱めるためにバターを塗ります。

筋肉たんぱく質筋原線維たんぱく質
ミオシンやアクチンなど
筋形質たんぱく質
ミオグロビンや各種酵素など
肉基質たんぱく質
コラーゲンやエラスチンなど
形状繊維状球状繊維状
溶解性塩溶性水溶性不溶性
熱による変化収縮、凝固凝固収縮、分解

必ずしもバターである必要はありません。

プリンの風味との相性が良いためにバターを塗るのがセオリーにはなっていますが、マーガリンでも問題はありませんし、風味が苦手な場合はショートニング(無味無臭の植物油)やサラダ油を使っても大丈夫です。

また、フッ素樹脂加工が施されている型もあります。

Suzu
プリン型から外すためのヘラ

仕上がりにこだわる場合にはペティーナイフを使います。しかし慣れていないとナイフや型を傷めてしまうこともあります。不安な場合にはプラスチックのヘラをおすすめします。

【まとめ】プリン型から外すには?

プリンを型から外すにはペティーナイフを使います。しかしペティーナイフを使う外し方には多少のコツがいりますので「プリン型にバターを塗っておく→スプーンや指などでプリンのふちを落とす→お皿に裏返して左右に強く振る」という方法をおすすめします。教科書通りの方法ではありませんが簡単に外せます。