雪平鍋の手入れは?

雪平鍋には手入れが必要です。

しかし雪平鍋(アルミニウムの打ち出し鍋)にはアルマイトと呼ばれる表面加工(陽極酸化皮膜)が施されているものとアルミニウム素地のものがあります。アルマイトとアルミニウム素地では手入れの方法も異なりますので注意が必要です。

雪平鍋の手入れは、アルマイトの有無を確認するところから始まります。

アルマイト処理とは?

アルマイト処理とは?

アルマイトとは、人工的な酸化アルミニウムに封孔処理を施した皮膜です。

アルミニウムは自然酸化皮膜を形成する金属です。しかしアルミニウムの自然酸化皮膜はステンレスの皮膜ほどの強度はありませんので、普通に使っているだけでも皮膜が破られてしまい腐食(白錆や黒変化など)が起こってしまいます。

そこで、アルマイト処理により強固な皮膜を形成させています。

一般的に販売されているアルミニウムの雪平鍋には「アルミニウムの生地そのままの製品」と「アルマイト処理が施されている製品」がありますので注意が必要です。

アルマイト鍋の手入れは?

アルマイト鍋の手入れは?

アルマイトを傷つけないことがポイントになります。

基本的にアルマイト加工が施されている雪平鍋は腐食(変色)しません。使い続けていくうちに着色していくこともありますが、着色の原因はアルミニウムの腐食ではなく食材の色素などが原因になっていますので心配いりません。

アルマイト鍋の汚れはお湯に浸すなどして柔らかくしてから落とします。

しかしアルマイトが取れてしまっている場合はこの限りではありません。アルマイトは非常に強固な皮膜ですが、使い続けているうちに薄くなっていきます。アルマイトの取れた雪平鍋には腐食(変色)が起こりますので適切な処理をする必要があります。

腐食を放置すると鍋をダメにしてしまうことがあります。

非アルマイト鍋の手入れは?

非アルマイト鍋の手入れは?

アルミニウム生地の雪平鍋は変色します。(※画像は底部のアルマイトの剥がれている雪平鍋です)

アルミニウムは自然酸化により皮膜を形成する金属ですが、自然酸化により形成される皮膜には強度がありません。そのため、通常の調理であっても酸化皮膜が破られて腐食(白錆や黒変化など)が起こってしまうことは避けられません。

そのため、非アルマイトの雪平鍋は以下のような方法で変色を落とします。

変色の落とし方 仕組み
クレンザーやスチールウールでこする 物理的に除去する
お酢やレモンを加えて煮立たせる 酸で表面を溶かす

酷い変色を放置すると孔食(穴)の原因になります。

また、変色を除去した後には米のとぎ汁や水に米ぬかを入れて10~15分ほど煮立たせます。これによりアルマイトに似た皮膜が形成されて腐食(変色)が起こりにくくなります。もちろんアルマイトのような強度な皮膜ではありませんが、やらないよりはましです。

アルミニウムの皮膜を守るためには、できる限り乾かしておく(濡らしたままにしない)こともポイントになります。

【まとめ】雪平鍋の手入れは?

雪平鍋の手入れはアルマイト製品とアルミニウム生地製品とで異なります。アルマイト製品は「アルマイトを傷つけないこと」がポイントになりますので汚れをふやかしてから優しく洗います。アルミニウム生地製品は「ひどい変色を放置しないこと」がポイントになりますのでクレンザーやスチールウールを使って物理的に落としていきます。