鉄フライパンの茶色や黒い汚れは?

鉄フライパンには茶色や黒い汚れが付着します。

基本的には「茶色=油が酸化することによる変色」「黒色=有機物が炭化したもの」であることが多く、そのまま使い続けても問題ありません。しかしあまりにも厚くなってしまうと熱伝導率などにも影響しますので、軽度なうちに除去されます。

これらは鉄フライパンの基本的な手入れの一つとなります。

鉄フライパンが茶色になる理由は?

鉄フライパンが茶色になる理由は?

油脂は変敗により茶色くなります。

油脂は二重結合の部分に酸素が結びつくことで酸化しますが、酸化が進むと加水分解と重合という2通りの道をたどることになります。加水分解が起こると酸ができて色が濃くなり嫌な臭いが生じ、重合が起こると粘りを増して食材や調理道具に張り付くようになります。

鉄フライパンの油膜には油脂の重合が利用されています。

油脂の変敗(酸化による重合や加水分解)は温度が高くなるほどに早く進むようになります。そのため油膜の作り方(シーズニングのやり方)によっては茶色い油が垂れたように変敗して鉄フライパンにこびり付いてしまうことも珍しくありません。

また、硬化する前にほこりや水垢とまじりあってしまうとボソボソとした茶色い層になってしまうこともあります。

黒い汚れの正体は?

黒い汚れの正体は?

有機物は加熱により炭化します。

有機物(有機化合物)とは「炭素が原子結合の中心となる物質の総称」です。有機物は完全燃焼をすると二酸化炭素と水のみになりますが、酸素が足りずに不完全燃焼をすると揮発性の低い固体の炭素分が多く残ります。

この固体の炭素分が残ることを炭化と呼びます。

黒い汚れはフライパンの外側や外周部分に多く付着していきます。これは食材や油脂などが付着した状態で高温に加熱されやすいためであり、食材や油脂などの有機物は高温に加熱されることにより炭化して黒くなります。

炭化した部分に油や水垢が付着すると強固な汚れとなり落としにくくなります。

茶色や黒い汚れの落とし方は?

茶色や黒い汚れの落とし方は?

汚れの落とし方は状況により変化します。

油脂(茶色い汚れ)は酸性の汚れになりますのでアルカリ性の洗剤で落とせます。しかし他の汚れ(ほこりや水垢など)とまじりあって強固な汚れになってしまっている場合には酸性洗剤を使わなければ落とせないこともあります。

また、炭化してしまった黒い汚れは物理的に落とす必要がありますが紙やすりなどを使っても落とせない場合には酸性洗剤での湿布をしてからこすり落とす必要があることもあります。

  1. 重曹でこする。

    step.1

  2. クレンザーでこする。

    step.2

  3. 重曹水で煮てからクレンザーでこする。

    重曹水で煮てからクレンザーでこする。

    step.3

  4. 酸性洗剤で湿布をしてからクレンザーでこする。

    酸性洗剤で湿布をしてからクレンザーでこする。

    step.4

完全にリセットする場合には焼き切ってもOKです。

酸性洗剤を使用する場合にはトイレのルック(スルファミン酸1%)で様子を見てみることをおすすめします。サンポール(塩酸9.5%)を使えば一瞬(数分ほど)で汚れを一掃できますが危険を伴いますしフライパンを傷めるリスクも高いためにおすすめはしません。

常識的な範疇の汚れであれば重曹やクエン酸を使ったナチュラルクリーニングでも問題なく落とすことができます。

【まとめ】鉄フライパンの茶色や黒い汚れは?

鉄フライパンには茶色や黒い汚れが付着します。茶色い汚れの正体は油脂が変敗(酸化、加水分解、重合)したことによる油汚れ、黒い汚れの正体は有機物(有機化合物)が炭化したことによる汚れです。どちらも軽度であれば簡単に落とせますが、重度になると酸性洗剤などを使わなければ落とせなくなってきます。このことからも軽度なうちに重曹などを使ってこすり落としておくことをおすすめします。