鉄フライパンにおすすめのたわしは?

鉄フライパンは物理的に洗います。

もちろん洗剤を使った化学的洗浄をしないわけではありませんが、鉄フライパンを繰り返し使用する場合には「調理→竹ささらやたわしで洗う→火にかけて乾かす→調理→……」のようにして物理的洗浄のみで使い続けるのが一般的です。

そのため使いやすいたわし(または竹ささら)が必需品となります。

竹ささらとは?

竹ささらとは?

基本的には竹ささらをおすすめしています。

竹ささらとは竹を束ねて作られたブラシのようなものであり、中華鍋の洗浄道具として重宝されています。たわしのように手を汚すこともありませんので、調理後の鉄フライパンに水をかけて熱湯に近い温度で洗浄することが可能になります。

はじめは使いにくい道具ですが、使い続けることによりしなりが出て使いやすくなっていきます。

デメリットとしては「竹ささらの収納方法によってはカビてしまうことがある」ことと「たわしなどと比べて洗い残しができてしまう可能性が高い」ことがあります。鉄フライパンは洗い残しにより部分腐食が生じてしまうことがありますので注意が必要です。

このことからも調理の最後にはスポンジと洗剤でていねいに洗うことをおすすめしています。

たわしの種類とは?

たわしの種類とは?

たわしには素材による違いがあります。

一般的なたわしの素材には「パーム」と「棕櫚」があります。パームたわしは「点で洗うイメージ」であり棕櫚たわしは「腰で洗うイメージ」となります。このことからも焦げ付きが気になる場合にはパームたわしが選ばれ、焦げつかせることがない場合には棕櫚たわしが選ばれる傾向があります。

ホームセンターなどで安価に売られているたわしはパームです。

パームたわし 点で洗うたわし
棕櫚たわし 腰で洗うたわし

どちらが優れているということではありません。

焦げ付き汚れを剥がれ落とすように洗いたい場合にはパームたわしが好まれ、油汚れを拭い落とすように洗いたい場合には棕櫚たわしが好まれています。また、これらの素材を竹ささらのように束ねた棒たわしも存在します。

たわしの素材は鉄フライパンの状態に合わせて選ばれます。

金たわし(スチールたわし)は?

金たわし(スチールたわし)は?

金たわしは汚れを削り落とすように洗えます。

洗浄力が強いために鉄フライパンを使いはじめたばかりの方(よく焦がしてしまう方)には重宝されるはずです。しかし鉄フライパンの油膜や酸化被膜まで削り落としてしまう可能性があるために一般的にはおすすめされていません。

また、金たわしの是非は油膜の形成時に使用された油の種類によっても変わってきます。

乾性油(ハイリノールタイプのヒマワリ油やグレープシード油など)で形成された油膜は硬い膜となっているために金たわしで軽くこするくらいであれば問題ありませんが、硬化しないタイプの油で形成された油膜は金たわしでこすると落ちてしまいます。

これらの感覚をつかむには慣れ(経験)が必要ですので、いろいろと試してみることをおすすめします。鉄フライパンは何度でも再生(リセット)できますので失敗を恐れずに試してみることこそが上達の近道になります。

失敗からしか学べないことも多々あります。

【まとめ】おすすめのたわしは?

鉄フライパンは「竹ささら、たわし(パーム、棕櫚)、金たわし(スチールたわし)」などをつかって洗います。個人的には竹ささら(もしくは棒たわし)が使いやすいと考えています。強固な油膜が形成されている場合には金たわしを使っても問題はありませんが、家庭用ガスコンロを使用している場合には、火力が弱いことや安全センサーによる熱ムラなどにより油膜が弱くなる傾向があるために基本的にはおすすめしていません。