鉄フライパンの収納方法は?

鉄フライパンの収納には吊るす方法がおすすめです。

フライパンの収納にはいくつかの方法がありますが、鉄フライパンには「洗浄時の水分による腐食」「異種金属接触腐食(ガルバニック腐食)」「湿度による腐食」などのリスクがありますので普通のフライパン(フッ素樹脂加工のフライパン)のようには片付けられません。

そのため、レンジフードの下などに吊るして収納することをおすすめしています。

熱を持ったままでも片付けられる

熱を持ったままでも片付けられる

鉄フライパンはから焼きして乾かします。

鉄は水に触れることで第一鉄イオンが溶出します。この時、水中に溶存している酸素により自由電子が放出されて水酸基イオンが生じ、水酸基イオンと第一鉄イオンが反応することにより白いサビ(水酸化第一鉄)が生じます。

水酸化第一鉄は酸化することにより赤錆(含水酸化第二鉄)となり鉄を腐食させます。

これらのことからも鉄フライパンはから焼きすることにより完全に乾かしてから片付けるようにします。しかし、鉄フライパンは熱容量(比熱×質量)の大きな調理道具ですので熱を持ったままでも片付けられる吊るす収納が適しています。

また、吊るす収納であれば(ある程度の風通しを確保できるために)湿度の高さによる腐食のリスクも小さくなります。

局部腐食を防ぐために?

局部腐食を防ぐために?

金属は電位差により部分腐食することがあります。

たとえばサビないはずのステンレスであっても濡れた状態でステンレスよりも自然電位の高い異種金属に触れているとサビが生じます。この片方の金属の腐食が進行する現象のことを異種金属接触腐食(ガルバニック腐食)と呼びます。

異種金属接触腐食では自然電位の低い金属の腐食が進む傾向にあります。

鉄は比較的電位の低い金属ですので収納時に他金属の調理道具(ステンレス、銅、錫など)と触れ合っていると電位差により部分腐食が生じてしまうことがあります。部分腐食は内部へと進行していきますので最悪の場合は穴が開きます。

これらのことからも、素材の異なる調理道具は離して収納することがポイントになります。

鉄フライパンを吊るすための金具は?

鉄フライパンを吊るすための金具は?

吊るすための金具はホームセンターなどで売られています。

金具の形状は吊るす場所(レンジフードの形状など)により変化しますので「これがおすすめ」というものはありませんが、最低限、金属製で鉄フライパンを吊るしても落下することのない金具を選んでください。

安価なプラスチック製のS字フックなどはNGです。

鉄フライパンは重い調理道具です。重いこと(熱容量が大きいこと)は鉄フライパンのメリットの一つではありますが、収納時に落下してしまうと大事故につながる恐れがあります。揚げ物をしているときにフライパンが落ちてきたらと考えるとゾッとしますよね?

これらのことからも、鉄フライパンを吊るす金具は金属製で丈夫なものを選ぶことがポイントになります。

【まとめ】鉄フライパンの収納方法は?

鉄フライパンの収納には吊るす方法をおすすめしています。鉄フライパンは水分により腐食します。そのために洗った後にはから焼きして完全に乾かしてから片付けることになります。しかし鉄フライパンは熱容量の大きな調理道具ですので粗熱が取れるのを待っていたのでは日が暮れてしまいます。そのため熱を持ったままでも片付けることのできる“吊るす収納”をおすすめしています。また、吊るす収納であれば湿気による腐食のリスクも低くなります。