アルミフライパンは体に悪い?

アルミフライパンに害はありません。

アルミフライパンが体に悪いといわれることがあるのは「アルミが溶出して健康への害があるのでは?」という情報があるためです。しかし厚生労働省の示している数値では「すべての調理道具をアルミに切り替えても問題は起きない」くらいの値になっています。

このことからもアルミフライパンが体に悪いというのは不確かな情報であるといえます。

アルミニウムが体に悪い理由は?

アルミニウムには害があります。

ラットを用いた動物実験ではありますが、アルミニウムの多量投与により「腎臓や膀胱への影響」や「握力の低下」などが認められています。このことからもJECFAでは人が一生涯摂取し続けても問題のない暫定的な許容量を設定しています。

それが1週間あたり2mg/体重1kgです。

ちなみにアルツハイマー病との因果関係は証明されていません。以前、テレビなどを通して「アルミニウムとアルツハイマー病の関連性」が議論されていたことからも「アルミ=アルツハイマーの原因」とイメージされる方は少なくありません。

しかし現在でもこの因果関係を証明する根拠はありませんし、否定的な意見が多くなっています。

アルミニウムの摂取由来は?

アルミニウムは日常的に存在する物質です。

飲食に由来するアルミニウムとしては「アルミニウム添加物由来」「着色料(アルミニウムレーキ)由来」「未加工食品由来」「アルミニウム製器具、容器包装由来」「水道水由来」「その他の由来」などがあります。

ちなみに食品添加物は以下のように表示されています。

用途 表示名
膨張剤 膨張剤、ベーキングパウダー ふくらし粉
色止め材、形状安定剤、品質安定剤 硫酸アルミニウムカリウム、ミョウバン、カリミョウバン、硫酸アルミニウムアンモニウム、アンモニウムミョウバン

また、アルミニウムを含む食品添加物の基準は見直しが進められています。

以前であればベーキングパウダーには酸性剤として焼ミョウバンが使われていましたが、現在多くのベーキングパウダーではアルミニウム不使用になっています。ちなみに手持ちのベーキングパウダーを見てみると、「ガス発生剤:炭酸水素ナトリウム」「酸性剤:第一リン酸カルシウム」「遮断剤:コーンスターチ」となっていました。

このことからも、アルミを気にする場合には成分表示を確認できる家庭料理よりも、アルミニウムを含む食品添加物の使用基準が設定されていない外食や市販のお菓子やパン類などを気にするべきだといえます。

アルミニウムやMSG(うま味調味料)などを気にする場合、一般的な外食にメリットはありません。

アルミフライパンに問題がない理由は?

アルミフライパンに問題はありません。

基本的に厚生労働省と独立行政法人 国立健康・栄養研究所による調査によると、すべての年齢層において暫定的な許容量を下回っています。もっとも割合の大きかった小児においても許容量の約43%となっています。

また、調理道具由来のアルミニウム摂取量は大きくありません。

摂取由来 アルミニウム摂取量(mg/kg 体重/週)
国民全体(※は成人の値)
パン、菓子に使用されるアルミニウム添加物由来の摂取量 0.186
パン、菓子以外の食品に使用されるアルミニウム添加物由来の摂取量 0.264
着色料のアルミニウムレーキ由来の摂取量 0.001
未加工食品由来の摂取量 0.044
アルミニウム製器具・容器包装由来の摂取量 0.07
水道水由来の摂取量 0.047
その他 0.07
合計 0.682

このことからもアルミフライパンが問題になるとは考えられません。

アルミニウムの害を心配してアルミフライパンを避けるのは自由です。しかし調理道具以上に影響力のあるのは市販のお菓子やパンです。また、アルミフライパンには調理をするうえで多くのメリットがありますので料理好きであれば見逃せません。

一部の情報ではなく総合的に判断することをおすすめします。

【まとめ】アルミフライパンは体に悪い?

アルミフライパンに害はありません。もちろん極端な使い方をすればこの限りではありませんが、アルミニウム摂取量におけるアルミニウム製器具由来の摂取量は大きなものではありませんので、アルミフライパンを気にする前に市販されている食べ物(特にお菓子やパンなど)を気にした方がよほどアルミニウム摂取量を減らすことができます。このことからもこのブログにおきましては「アルミフライパンに害はない」と考えています。